logo
Home

アウシュヴィッツ 女性

アウシュヴィッツ関連ビデオの上映。 第3展示室(貨車内) 第二次世界大戦ポーランド「子どもの目に映った戦争」 ポーランドの子供たちが、戦時中に自分の目の前で起こった出来事を作文や絵に記録し残った展示。. 収容した側された側双方の証言によると、食料の奪い合いが個人やグループ間で日常的にあったとされる。配給量についてはさまざまな証言があり、ポーランド国立オシフィエンチム博物館に展示されている「朝食:約500ccのコーヒーと呼ばれる濁った飲み物(コーヒー豆から抽出されたものではない)。昼食:ほとんど具のないスープ。夕食:300gほどの黒パン、3グラムのマーガリンなど」は一例で、実際は被収容者間のヒエラルキーや個々の労働能力、さらには収容時期によって待遇にかなりの差があったと見るのが自然だろう。実際、1943・1944年以降は「業績に連結した食料配給体制」注 19が多くの労働者に対し実施されている。この制度は生産の全量的向上を目的としており、戦況の悪化に伴い厳しくなった食料自給環境において、生産性の高い労働者に優先して配給を行うというもの。一般的なドイツ人の業績を基準に、業績の良い労働者に多くを配給し、逆に悪い労働者は以前よりもさらに減らすというものだが、もともとほとんどの被収容者は一般成人が一日に必要とするカロリーに遠く及ばない量の食料注 20しか与えられていないなかで、比較すること自体無理があり、不幸にも減らされたとなれば死は確実になるばかりである。生き抜くためにほんのわずかな増加分を得ようとする「人間の精神力」に期待しての制度であり、結果として被収容者同士が食料を奪い合うことが日常的に起こるというのは、いかにその状況が過酷であったかを表していると言える。. About Press Copyright Contact us Creators Advertise Developers Terms アウシュヴィッツ 女性 Privacy Policy & Safety How YouTube works Test new features Press Copyright Contact アウシュヴィッツ 女性 us Creators. アウシュヴィッツは、狂った人びとが、まちがえて作ったものではなかった。ドイツ人がどうかしていたのでもなかった。 ただ、自分が困った時に、もっと困っている人びとを思いやれなかった。自分さえよければ、他の人がすこしくらい苦しんでも、すこしくらい死んでもしかたがないと思っていた。 自分が優秀で正しいと思うあまり、自分がほんとうはなにをしているのか、分からなくなっていた。 もしかしたら、アウシュヴィッツで罪をおかした人びとは、みんなどこにでもいる、ふつうの人たちだったのではないだろうか? 私たちと同じように. See full list on weblio.

ライフ・イズ・ビューティフルの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。イタリアの俳優ロベルト・ベニーニが監督・脚本. 本の前提として、知っておかなければいけないのは、論争の書であるということ。前半では4枚の写真を検証しています。その検証に対して、激しい反論が寄せられるんです。反論した人物は、フランスの映画監督、クロード・ランズマン。ホロコーストに関わった人たちのインタビューを記録した『SHOAH』という9時間半にも及ぶドキュメンタリー作品を手がけた監督です。撮影は、証言とるだけで撮影はしないから、なんて嘘をついて行われたようです。 堀:日常生活にすっかり戻って、商店主かなんかをやっているような元ナチス側の人物にも話を聞いて、過去をほじくり返したりするんですよね。その大胆さもおもしろく、見所の多い作品でした。証言や人の言葉だけを使ってアウシュヴィッツを再構築するというやり方で「記録」している。アウシュヴィッツをはじめとする、あの恐ろしい現実は「イメージ」だけでは描ききれない。だから、ただただ証言だけを使うというやり方で作品にした。 そんなランズマンが、『イメージ、それでもなお』を執筆したディディ・ユベルマンに対して、激しく反論するわけです。イメージをいくら掘り返してみたところで、真実には達し得ない。そんなのは、スティーヴン・スティルバーグ監督の作品『シンドラーのリスト』のようなハリウッド映画を観て、一時期だけシンドラーの気持ちになって、自己満足する観客と変わらないじゃないか、と。「想像してみる」なんておこがましいと反論を突きつける。 堀:強烈な歴史の悲劇を伝えるときのジレンマはありますよね。深刻な状況を見せつける映像ではなく、淡々と「事実」を知っておいてもらいたいと思っても、そのテーマについて知ろうとするモチベーションがある人以外には届かない。 橋本さんは、『イメージ、それでもなお アウシュヴィッツからもぎ取られた四枚の写真』を翻訳されていたとき、まさにこの論争の真っ只中にいた。どういうスタンスで翻訳されていたんですか? 橋本:10年前に訳させていただいたんですけれども、ディディ・ユベルマン派、クロード・ランズマン派、どっちにもつかずにできれば議論全体を紹介したいと思っていました。ランズマン側の弟子のマジマンという人がいまして、彼の理論も読めるようにしておくべきだと、翻訳して平凡社から小冊子にして出しました。ランズマンやマジマンは口が悪いんですよ。誹謗、中傷に近いような形でユベ. See full list on 3rdkz. 東部戦線や各収容所で猛威を振るった発疹チフスから、前線兵士を救うための人体実験がブーヘンヴァルトとナッツヴァイラー各収容所にて行われた。 実験は1942年の春ごろから1944年の末まで続けられた。 それまで存在していた発疹チフスのワクチンは、病気の症状を軽減させることはできても、本来の目標たる免疫力の獲得、つまり病気に罹らずに済む、というものではなかった。これを深刻にとらえたSS上層部の医師団や衛生担当者たちは、人体実験の施行を強く主張。ブーヘンヴァルト内にウィルス研究部が設立され、SS軍医や権威ある熱帯医学者などが参加した。 実験は数十種類にも及ぶ各種ワクチンを接種した上で、数週間の間隔を置いたのち、人為的に発疹チフスに感染させるというものだった。対照群として設置された群は、ワクチン接種群と比較するために、単にチフスに感染させられた。 ワクチンを接種した者たちも、多くの場合、高熱や頭痛など、「発疹チフスの症状」に悩まされた。 被験者に選ばれた者たちは、ドイツ人の刑事犯、ポーランド人、ソ連兵捕虜、ジプシーなどである。健康状態が優良なものたちが数百人選び出され、少なくとも150名以上が死亡した。ブーヘンヴァルトの医師、シューラーSS大尉は終戦間近で自殺したが、彼の業務日誌が囚人によって廃棄を免れた。その中には、他にも黄熱病、チフス、コレラ、ジフテリアに対するワクチンや薬物の効果で800人の被験者が人体実験にかけられたことが示唆されている。 独ソ戦が始まると、黄疸症状に悩まされる兵士が非常に増えた。致死的な病ではなかったが、発病者が多く、軍の作戦能力を衰えさせるものとして研究が開始された。肝炎はそれまでバクテリアによる感染と考えられていたが、細菌学者のドーメン軍医大尉がウィルスを発見し、培養するためSSがウィルス株の管理権を要求したがドーメンは拒否して独りで研究を続けていた。 各所からの圧力に耐えかねたドーメンは、ついにザクセンハウゼン収容所内で、囚人に対して人為的に肝炎ウィルスを感染させる人体実験を行った。これは《帝国医師総監(=エルンスト・グラヴィッツ)》の強い要請だった。ドーメンは良心の呵責に苦しめられ、実験が開始されたのは1944年も9月になる頃だった。. この実験は、やはり海難事故に遭遇し、海の上を漂流することになったパイロットを救うために企画された。 二人の科学者が海水を飲料にするための試みを始めた。シェーファー教授が海水から塩分を分離するための設備を開発しようとして成功したが、これには多額の費用が掛かるため実用性なしと判断された。一方空軍技師ベルカが開発した「ベルカティカ」という薬品は海水の味を飲める程度に変えてしまうもので、この薬品はコストパフォーマンスにも優れ、大量に生産された。 しかし、すぐにこのベルカ方式の海水を飲むと、「より渇きがひどくなる」という声が上がり始めた。味を調整しただけで海水は依然として多量の塩分を含んでいたし、飲みすぎることで渇きが悪化し、下痢すら引き起こすことが分かった。 どちらの方法で渇きを解決するのか、ダッハウ収容所内で再度人体実験が行われた。被験者はいくつかのグループに分けられた。数日間にわたって海水を飲むもの、ベルカ方式の海水を1日500cc飲むもの、1000cc飲むもの、シェーファー方式で精製された水を飲むもの、などである。 被験者はブーヘンヴァルト収容所から連れてこられたジプシーたち40名であった。彼らは表向きは志願であった。実験の詳細についてきちんと説明を受けた上、実験前10日間は完璧な航空兵糧食3000キロカロリーを摂取し、健康管理を入念に行ったうえでの実験であり、死亡した者、後遺症が出た者はいないとされている。しかし、実験は著しく苦しく不快なものとなり、被験者の中には清掃班のバケツの中の汚水を飲んだり、モップから垂れたしずくを舐めた者がいたという。このような実験が本当にすべて志願だったと言えるだろうか?ましてや被験者のほとんどは賤民と見なされていたジプシーである。これは戦後の裁判で検察の激しい疑惑をかい、追及を受け、実験を主導した者たちは禁固15年~終身刑を受けた。. アウシュヴィッツの女性のオーケストラ アウシュヴィッツの女性のオーケストラの概要 ナビゲーションに移動検索に移動ssが命令し、ポーランド人音楽教師ゾフィア・チャイコフスカ夫人が1943年6月に結成した。. 住環境は非常に劣悪であった。この地域は、夏は最高で、摂氏37度、冬は最低で、マイナス20度を下回る。第一収容所はもともとポーランド軍の兵営であったため暖房設備は完備されていたが、収容所として利用された時には薪などの燃料は供給されなかったと言われている。掛け布団は汚れて穴だらけの毛布(薄手の麻布に過ぎない)のみであった。カポなどSSに協力する者には個室やまともな食事が与えられている。 第二収容所はバラックと言うべき非常に粗末な作りで、もともと、ポーランド軍の馬小屋であったものや、のちに一部は基礎工事なしで建てられたため床がなく、上下水道が完備されていないため地面は土泥化していた(汚水は収容者が敷地内に溝を掘って流した)。暖房は簡素なものがあったが、燃料の供給はされなかったと言われ、なぜこのような暖房設備が作られたのか、理由は不明であり、隙間風がいやおうなく吹き込み役目を果たしていなかったと言われる。排水がままならない不衛生なトイレ(長大な縦長の大きな桶の上にコンクリートの板を置き、表面の左右に丸い穴をあけただけのもの)を真ん中にはさむ形で三段ベッドが並べられ、マットレスの代わりにわらを敷いて使用した。トイレの使用は、午前・午後2回に制限されており、目隠しになるものもなく、一斉に使用を強制された。非衛生的環境であったため、病原性の下痢も蔓延しており、きわめて非人間的扱いがなされた。映画『シンドラーのリスト』では、汚物まみれのトイレの溝に隠れて、処刑をまぬがれた少年がいた描写がされている。. もう半年以上経ちますが、転職のための有給消化期間を使って、年11月にポーランド・ドイツ旅行に行ってきました。 一番の目当てはアウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所の見学。 中学生のころ『戦場のピアニスト』を観て衝撃を受けてから(なんかロマンチックな映画と勘違いしていたの.

See full list on maemuki. 旅行から帰ってきたので、ようやく更新できます。 アウシュビッツの写真を、ガイドさんから伺った情報とlebebeが個人的に調べた内容と共にアップします。. 第二次世界大戦時、アウシュビッツなどの強制収容所でドイツ兵が好みのユダヤ人女性を愛人にしたり性の道具にしたという話は皆さんもご存知ですよね。 たとえば愛の嵐(リリアーナ・カヴァーニ監督の映画)等でもそれらを知ることができます。ドイツ兵の愛人になると強制収容所内で. 労働は主に4つのタイプに分けることができる。一つ目は被収容者の肉体的消耗を目的とした労働。たとえば、石切り場での作業や道路の舗装工事などを行う「懲罰部隊」がこれに該当する。場合によっては、「午前中は穴を掘り、午後その穴を埋める」といったような、なんら生産性のない作業を命じられることもある。懲罰部隊に組織された被収容者の多くは短期間のうちに死亡したとされる。 二つ目は、戦争遂行に欠かせない資材・兵器などの生産や、収容施設の維持・管理などを目的とした労働。工場労働者や各施設の拡張・管理作業などがこれに該当し、何らかの技能や知識(電気工事師、医師、化学者、建築士など)を持つ被収容者が作業にあたった。懲罰部隊での労働と比較して程度の差こそあれ、劣悪な食料事情や蔓延する伝染病などにより命を脅かされる状況にあったことに違いはない。 三つ目は、所内で死亡した被収容者の処分を目的とした労働。ガス室や病気、栄養失調などで死亡したおびただしい数の遺体を、焼却炉などに運び処分する「ゾンダーコマンド(特別労務班員)」がこれに該当する。比較的待遇は良かったが、一方で口封じのため数ヵ月ごとに彼ら自身も処分された注 18。1期から13期まであり、解放直前に結成された12期のメンバーは武力蜂起による反抗を試みている。 最後は、ほかの被収容者たちを監視する「カポ(労働監視員、収容所監視員などと訳される)」である。主に第一収容所のドイツ人犯罪者から選ばれることが多かったとされ、被収容者ヒエラルキーの頂点に立った。戦後、過酷な懲罰を課したことで裁かれる者もいた。. 『アウシュヴィッツの囚人写真家』(ルーカ・クリッパ、マウリツィオ・オンニス著、関口英子訳、河出書房新社)は、アウシュヴィッツ強制収容所の囚人、ヴィルヘルム・ブラッセがナチスに命ぜられて、4年間に亘り、仲間の囚人たちの死直前のポートレートを取り続けた事実を物語化した. アカデミー賞 (1983年・主演女優賞) 第2次大戦後のニューヨークを舞台に、作家志望の青年の目を通して、アウシュビッツから生き延びたポーランド人女性ソフィーとユダヤ人の恋人の過酷な愛のドラマが綴られる。反ユダヤ主義の環境に育ちながらナチに. ドイツ統治下の各地より貨車などで運ばれてきた被収容者は、オシフィエンチム(ドイツ語名、アウシュヴィッツ)の貨車駅(1944年5月以降は第二強制収容所ビルケナウに作られた鉄道引込線終着点)で降ろされ、「収容理由」「思想」「職能」「人種」「宗教」「性別」「健康状態」などの情報をもとに「労働者」「人体実験の検体」、そして「価値なし」などに分けられた。価値なしと判断された被収容者はガス室などで処分となる。その多くが「女性、子供、老人」であったとされる。ここで言う「子供」とは身長120cm以下の者を指すが、学校や孤児院から集団で送られて来ていた子供たちは形式的な審査もなく、引率の教師とともにガス室へ送られた。 ナチス政権下のドイツ政府の制定した法の多くがそうであったように、選別は、「法令」に比べ規範(簡単に言えばルール)のあいまいな「訓令(または通達)」を受けて遂行されている。そのため規範の細部については「担当者」や「担当者が所属するグループ」の裁量に任された(「人体実験の検体として”双子”を選別する」といったような規範が、医師のヨーゼフ・メンゲレによって付け加えられたのはその一例)。このため個々の事例で、具体的にどのような行為が行われたのかが書面として残っていないことも多く、戦後の各裁判での事実認定を難しくしている主な原因となっている。.

父はアウシュヴィッツ強制収容所の所長でした それでも父を愛している!独女性衝撃の告白 (その2). 「アウシュヴィッツ収容所所長だったルドルフ・ヘス(Rudolf Höss)は、暴動を起こしたのは女性だ、と英兵に捕えられた直後の1946年3月14日に話し. アウシュヴィッツビルケナウキャンプ - アウシュビッツ ストックフォトと画像 The arrival of Hungarian Jews in Auschwitz-Birkenau, in German-occupied Poland, June 1944. アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に行って来ました。 ここには年間約1万人の日本人が訪れるそうですが 隣国である韓国人、中国人に比べると非常に少ない数なのだそうです。 興味はあるが、行きたくてもなかなか行けない.

【1月26日 AFP】張り巡らされた鉄条網で感電死した女性の耳をつんざくような悲鳴、ガス室へ送られた子どもたち、絶え間ない死の恐怖──. 一昨日“白バラの祈り”ゾフィー・ショルについて書いたが、同時代で同年代のナチスの女看守長イルマ・グレーゼのことも取り上げてみたい。イルマの名を知ったのも『アウシュヴィッツの五本の煙突』(オルガ・レンゲル著)というノンフィクションを読んだからで、『白バラは散らず』と. ポーランドへ来た一番の目的、アウシュヴィッツ強制収容所でスタディツアーに参加してきました。 今までいろんな場所をまわってきさえしたものの、アウシュビッツに関しては桁違いで、カメラで写真を取ることができなかったり、ツアーの途中に泣きそうになるのをなんども堪えなければ.

女性ジャーナリストが、サラの行方を追いその生涯を知ることで、ミステリー要素を含んでいる本作。 他作品と異なるところは、ナチス・ドイツやホロコーストの与えた影響が、その後の人々にどのような感情を抱かせるかについて描いた点。. アウシュヴィッツはほんとうに終わったのだろうか? ガス室は、ほんとうに消えたのだろうか? 120センチの棒は、もうないのだろうか? 私たちの心の中に、アウシュヴィッツは、ほんとうにないのだろうか? 青木 進々著『アウシュヴィッツの子どもたち』(グリーンピース出版会)より引用 ⇒アウシュヴィッツ平和博物館、夜と霧 前の話次の話. . アウシュヴィッツ 女性 橋本:この映画は4枚の写真を出発点としてストーリが展開されます。アレックスがいかに困難な状況で写真を撮ることができたのかを描く選択肢もあったのに、そうしなかった。それはなぜか。 サウルは、そういったヒーローとは全然違う人物なんですね。サウルの行為は、わたしたちが仮にアウシュヴィッツという場所で働かされていたらサウルのようになってしまったかもしれない、ということを痛感させられる。サウルは自分自身だと思えてくる。その感覚は、自己満足とは全く異なるものです。自分がそこにいたら、どうするのか―—実際に経験していない世代、38歳の若い監督が、想像力を超えて向き合ってみたということだと思うんです。 堀:すごく意欲的な作品で、現場はほとんどが収容所の中です。しかも、その多くが主人公を含む回りの人間たちの表情をとらえているので、アップが多い。その分、迫ってくるものがあります。こういう作品でカンヌをとり、欧米の映画界で認められるのは、非常に嬉しいことだなと思います。 この作品から学ぶことは、アウシュビッツは必ずしも歴史の特異な悲劇ではないんだ、ということだと思います。ユダヤ人虐殺ほどの悲劇はなくとも、人々が自分の日常の生活を維持するのが精一杯となり、あらゆる社会問題に対して、当事者意識がなく、無関心であることは、いまも共通したテーマです。 当時、ナチに賛同していたのは農民のみなさんでした。賛同する姿勢を示すことで職が得られ、社会福祉上の補助も受けられる。具体的な日常を支えるためのオプションが用意されていた。自分たちの半径数メートル以内の生活を維持するために、人々は理性を失っていく。無関心を装うことで感情をなくし、こういった虐殺をある種、見殺しにするようなことに加担していく。そういう大衆心理は非常に怖いですよね。「あの家族はおかしい」と密告する例もあったようです。 プロパガンダ、映像、文章、ポスターなどは、われわれが気付かないうちに目に入ってきます。インターネットも発達した現代は、余計に入り込みやすい。警戒心を持ったほうがいいと思います。 橋本:本当に遠いところの話ではないですね。現代の日本の社会のことも考えながら観ていただければと思います。.

ナチス・ドイツの勢いが弱まって第二次世界大戦が終わりに近づき、連合国が領内へ拡大したことで、強制収容所の存在は明るみに出ました。 それまで強制収容所の噂はドイツ国内で広まっていたそうですが、結果的にはナチスが崩壊するまでこの恐ろしい虐殺が続けられてしまいました。 強制収容所としてはアウシュヴィッツが最も有名ではありますが、他の収容所もアウシュヴィッツ同様、阿鼻叫喚の地獄が広がっていました。 そのような中でも、一部の人々にはナチス・ドイツへの抵抗がみられ、その勇気ある行動は福島県白河市にあります「アウシュヴィッツ平和博物館」でも閲覧することができます。 とても信じがたく目を背けたくなるような内容ですが、これらは実際に起きた悲劇です。 アウシュヴィッツ強制収容所は、平和とは何なのか、人が生きるとはどういうことなのか、今でも静かに語りかけてくるのです。 いま、私たちの心の中に、「優秀な人間」と「だめな人間」とを分けようとする考えがないだろうか? みんなとちがう意見をいう人を「じゃまなやつ」だといって、仲間はずれにすることはないだろうか? 強い者にきらわれたくなくて、いけないことが分かっているのに、やってしまうことはないだろうか? 自分さえ得をすれば、「他の人なんかどうでもいい」と、思うことはないだろうか? あの時のように. アウシュヴィッツ 女性 Amazonでヴィトルト・ピレツキ, 杉浦 茂樹のアウシュヴィッツ潜入記。アマゾンならポイント還元本が多数。ヴィトルト・ピレツキ, 杉浦 茂樹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. . と検討しながら資料を読み解くことで改めて事実も浮かびあがってくる。 「裸の女性の人々」という写真(D)は、戦後、アウシュヴィッツの記録として. 堀:これらの写真はどういう目的で撮られたのでしょうか? 橋本:当時、強制収容所の存在そのものが知られていなかったので、これほど恐ろしいことが繰り広げられているのだと周知したい、そういう目的だったと思います。 これらの写真は、一緒に手紙が添えられていたんです。詳しい内容は本に載っていますが、「これを広めてくれ」ということが強調されていた。写真さえあれば信じてくれるはずだ、写真があれば世界へ広まるはずだから、と。それから、もっとフィルムを送ってくれ、というメッセージが伝えられていました。 堀:大学生の頃、僕はナチスドイツのプロガパンダを専門に勉強しており、アウシュヴィッツへも行きました。現地で資料を読んだり、聞き取りをすると、当時のドイツ国民の皆さんも、貨物列車を運転したり、郵便局員として情報を集めたり、ユダヤ人虐殺に何かしらに関わっている。けれども、自分が行なっている行動の延長戦上に強制収容所でのガス室の存在があるということは、よく知らされていなかった。自分がその過程に加わることで、殺人、ジェノサイド(ある人種を計画的に絶滅させようとすること)に加わっているという意識があまりなかった。ドイツ全土で、大規模に行なわれている虐殺であり、ユダヤ人がこういう状況に陥っているということを知らせたいという思いは、当事者の間では相当高かったようですね。 橋本:世界が知ってくれさえすれば状況は変わるはずだ.

【4月17日 AFP】ナチス・ドイツ(Nazi)によるホロコーストの恐怖を体験し、少なくとも3度にわたって死を免れたスザンナ・ブラウン(Suzanna Braun. 堀潤さん(以下堀):『サウルの息子』を事前に拝見し、監督にもインタビューをさせていただきました。監督はとにかく淡々と事実を描き切る、戦争を題材した映画にはいわゆるヒロイズムは必要ないと語っていらっしゃいました。 戦後70年、71年目を迎えます。当時の記憶が風化していくなか、まだ明らかになっていない、歴史の扉の奥底にしまわれてしまう事実もあるわけです。僕は、去年、一昨年と戦争証言を聞き、アーカイブを続けていまして、話し手である当事者は、70歳、80歳、90歳になったからようやく語れる、という話もありました。 今回の映画のモチーフには、写真が大きな意味を持っています。アウシュヴィッツの過酷な状況を記録した4枚の貴重な写真を元に物語を展開していきます。橋本さんは、まさにその写真を解説した本『イメージ、それでもなお アウシュヴィッツからもぎ取られた四枚の写真』を訳し、研究をされています。この4枚のお写真は、どういう写真なのでしょうか? 橋本一怪さん(以下橋本):1944年の8月にアウシュヴィッツで撮影された写真です。アウシュヴィッツで写真を撮るなんて、ほとんど不可能に近いことでした。この写真は、わずかながらの協力者に頼んで、フィルムを歯磨き粉のチューブに隠すなどして、切れ端だけを外に出すことができたというものなんです。 1枚目の写真(A)は、おそらくガス室の扉の陰に隠れて撮っているもので、先には死体らしきものが転がっていて、燃やされているように見えます。 堀:よく撮影しましたよね。強制収容所にいて、最終的にはガス室で殺される。そのなかでどうやってカメラを持ち込めたのか。そして、どうやって撮影ができたのか。 橋本:撮っている人物は、通称 “アレックス”。最近まで誰が撮ったのかすらわかっていませんでしたが、ここ4、5 年ぐらいの研究で、この人じゃないかという特定がなされた。ギリシャ人の誰々だと、ようやく名前までわかったんです。4枚の写真については、歴史の研究が未だに続いている、ということを主張しておきたいです。 これは何を撮ったのかわからないような写真ですね。ファインダーを覗いて撮るわけにはいかず、何が撮れるかわからない状態でシャッターを押しているから、このような写真になったのだと思います。. 実験の前に女性はここで裸にされた・・・・。そしてあの銃殺刑の壁に立たされた。 もう目を覆いたくなるような、とても30代の人をは思えない写真だった。 その他の写真もみなわずか短期間で、体重がものすごく減ってガリガリの骨と皮だけの写真。. 下の部分が第1収容所、上の部分が第2収容所。当時は第3収容所もあったのですが、現在は残っていません。 ———————————— アウシュヴィッツ強制収容所館内の各展示の写真撮影したものを紹介した.



Phone:(546) 118-9291 x 6694

Email: info@dusb.i-zooom.ru